スマホを水没させてしまった

電源OFFでSIMカードとSDカードと電池パックを抜いて拭く

スマホを水没させてしまっても、故障しない可能性があります。ですから決してあせらずに、以下のように対処してみてください。
まず、電源を切りましょう。もともと切れているならば、入れないようにしましょう。
そして次に、SIMカードとSDカードと電池パックを抜いて、水分をふき取りましょう。特に、SIMカードには通信契約の情報が、SDカードには各種のコンテンツが保存されていますので、それらが損傷すると大変面倒な事態になってしまいます。逆に、もし本体が故障してしまってもそれらが無事ならばデータが残るので、これを最優先にするべきなのです。また、取り外し可能な機種ならば電池パックも抜いておきます。このように抜けるものは抜いておき、被害を最小限に食い止めましょう。

本体の水分を拭き取り乾燥させる

次に本体の水分を拭き取っていきます。表面より先に、カード類や電池パックを抜き去った部分、ヘッドフォン端子など、内側から拭き取っていきます。ヘッドフォン端子のように細かい部分は、ティッシュペーパーを細く丸めて差し込んだりするとよいでしょう。そして最後に表面の水分を拭き取ったあとは、スマホ全体を乾燥させます。 乾燥させる時は天日干しをしてもよいですが、その場合は高温によって故障する可能性があります。ですから気温と日の当たり方に注意し、あまり本体が熱くなるならば、干す場所を変えるか他の方法を選ぶようにしましょう。 他の乾燥方法としては、ジップロック内に乾燥剤とティッシュに包んだスマホを入れておく方法があります。また、乾燥剤がない場合は、生米を入れると同様の効果があるそうです。 このようにして十分に水分が取れると、それまで通りに使える可能性があります。ぜひ試してみてください。