修理キットを利用する

業者並の修理ができる

スマホの故障は物理的なトラブルが原因の場合があります。タッチパネルやボタンの不良などがそうですが、それらが不良の発生源の場合、修理キットを用いて対策をするのも良いかもしれません。ヘラや精密ドライバー、ピンセットなどがセットとなっており、後は交換用のパネルやボタンなどを準備すれば自分でプロのように作業ができます。本体を開けたり中身をいじったりするのは難しそうに感じるかもしれませんが、きちんと説明を確認の上で作業を行えば、それほど難易度の高いものではありません。そもそも素人でも修理ができるようになるというキットですので、専門知識がない人でも容易に扱うことが可能です。ただし、手順や注意点を守らないと症状が悪化することもあるため、十分にやり方を確認の上で作業に当たりましょうね。

自分でやればリーズナブル

修理キットを活用すれば業者に依頼をするよりも断然安い価格で直すことができます。安い物ですと1,000円台から修理キットは販売されています。また、交換パーツも1,000~2,000円程度で買える物もあり、また、最初から必要なツールがセットになった物もあるのです。かたや業者に依頼をする場合ですと、例えばパネル交換をするだけでも安くても5,000円以上は掛かってくるため、自分でやる場合の倍以上の費用を覚悟しなければいけません。もちろんその他の不具合があれば費用はどんどん高くなってしまいますので、最終的に10,000円以上の請求が発生することもあり得ます。自力修理の方が断然リーズナブルに済ませられるため、とにかく安く抑えたいのなら修理キットでの対処を検討してみるのもおすすめですよ。