スマホを落下させてしまった

落下したスマホへの対応

手で持って使うスマホは何らかのはずみで、落としてしまう場合があります。落下した所が柔らかい場所ならば問題になりづらいですが、コンクリートの床だと大きなトラブルになります。スマホはデリケートな商品なので衝撃に弱く、落下時に表面のガラスなどが割れてしまう時が多いです。そのため落とした時は表面のガラスが割れていないか確認して、異常が起きていればお店まで行って修理してもらうべきでしょう。特に見た目が壊れていない場合は起動させてみると、内部が故障していないか分かります。起動できない時は壊れている可能性が高いため、修理店に相談しなければいけません。特に問題なく動く場合はそのまま使えますが、スマホを落とした時は異常がないか確認が必要です。

故障した時の修理方法

落下したスマホの表面のガラスが割れた時は、故障の程度によって修理方法が変わります。表面のガラスだけが割れた時は交換すればすみますが、内部の液晶部分もだめになった時は直せない時もあります。内部まで壊れた時は製造したメーカーに連絡して、故障したパーツを交換しなければいけません。大きな修理をすると時間がかかってしまうので、その間に使うスマホの用意もしておく必要があります。また水溜りなどにスマホを落とした時は、最初に乾燥させてから対応する必要があります。内部に水分が残った状態だと起動時にショートする恐れがあるため、必ず乾燥させなければいけません。水没したスマホが起動しない時は電子回路が壊れている可能性があるので、メーカーに相談して直してもらうべきでしょう。